立神峡まで行ってみましょう

今日は年長児きく組が、八代に『いちご狩り』に行った後の記事です。

熊本港のそばに立地する我ら美心幼愛園から園バスに乗り1時間ほどかけてはるばる八代まで来たのにそのまま帰るなんてそんなもったいないことできますか?!

すみませんm(__)m
興奮して句読点を打たず、読みにくい文になりました(笑)

そこで、いちごハウスの側に何か楽しいところは無いかな~と探していると、『立神峡』を検索!立神峡は2年前に当時のきく組さんがキャンプをしたところです。良いところですので、これはいかない手はありません。

目的地を立神峡にし、再出発♪
園バスを走らせること3分後…
「ねー!!ちょっとバス停めて停めて!」とこどもたち。あんまり騒ぐもので(笑)バスを停めると、一目散に用水路に駆け出すこどもたち。

画像


近寄ってみると

画像


でっかい鯉が悠々と何匹も泳いでいるではありませんかっ!!
「あみ!早く網持ってきて。」「ここで魚取りしよう!」
魚を見るとやっぱりこうなりますよね~、さすが美心っ子♪って感心している場合ではありません。魚取りをし始めたら何時間も没頭してしまうきく組なので、今日は泣く泣く諦めてもらい、立神峡に向けて再々出発です。


少しバスを走らせると『立神峡』の看板が見えてきました。
「なにあれー、高い橋だー。」

到着するとすぐに高~いつり橋のところに向かいました。

画像


「きゃ~、怖そう(>_<)」
いや、みんなで渡れば怖くありません!根性で渡ってみようじゃありませんか!(笑)
と、恐る恐るつり橋を渡り始めました。

画像


揺れて怖いのは初めだけで、後は揺れるのを楽しむ子や、「どーして橋ば揺らすと!揺らさんで!」と怒る子など様々な反応でとてもおもしろ楽しく渡れました(´艸`*)

渡り終えると、何やら発見したこどもたち(`・ω・´)

画像


せっかくなので、みんなで探検しちゃおう!となり、てくてく進んで行くと、お地蔵さんを発見。しかも数えることが出来ないほど、まさに五百羅漢です。
圧倒される子や、「進もう!何か見つかるかもよ♪」と意見が真っ二つに分かれましたが、お弁当を入れたリュックを置いてきたので今回は引き返すことに決定。

「おじぞうさん、もうなにも怖いことしないでくださいね」とまりなちゃんのお願いする姿が何とも言えず可愛すぎまする( *´艸`)
画像


戻ってみると、立神峡の敷地図を発見。そこには、つり橋が3本架かっているとかいてあります。そこでこんどは別のつり橋を探し、渡っていくと管理棟を発見。管理棟の方にご挨拶をすると、珍しい物を見せて頂きました。『火打石』と言い、石と石を打ち合わせると火の粉が出るではありませんか!これにはこどもたちもビックリ(*^▽^*) 実際に火打石をみんなにも体験させていただき、ありがたい限りですm(__)m。

画像


さてさてそろそろお腹もすいてきたことですし、給食の先生が作ってくれたお弁当をみんなで食べましょう(^◇^)

画像


おにぎり、ウィンナー、ソーセージ、お漬物など、お腹いっぱいになるまでたくさん食べ、「よし!これから探検するぞ~!」というところで、特大スズメバチと遭遇したので、スタコラサッサと帰る運びとなりました(´-ω-`)

帰りのつり橋を渡っている時、「ハチ、めっちゃデカかったねー」と、つり橋の恐怖は全くない模様(笑)

画像


大騒ぎしたので、帰りのバスではぐっすりでした(^v^)

画像


スズメバチは駆除したそうですので、また今度、探検の続きに行きたいですね♪