玉ねぎの収穫

今日は5月に行った、「玉ねぎの収穫」の記事です。

5月、6月は、春の収穫の時期でもあり、こどもたちも収穫を楽しみにしています。この日は、一緒に米つくりをしているやっちゃん先生の畑に、3,4,5歳児で玉ねぎの収穫に行ってきました(^^)/

お昼前から天気が崩れる予報でしたので、保育園から800メートルほどある畑まで少し駆け足。

画像


ふっ~、無事に到着し、まずはやっちゃん先生にご挨拶(*^▽^*)

画像


そしてさっそく玉ねぎを抜いていきます。
マルチの下は、たくさんの玉ねぎで埋め尽くされています♪

画像


玉ねぎはすぽすぽっと抜けるので、小さいクラスの子でも大好きなんです。
「ねっちゃ小ちゃい玉ねぎだー」やら、「見て見てー、おっきい玉ねぎだよー」とわいわいがやがやで収穫を楽しみました。

画像

画像

画像


途中、玉ねぎがあまりにおいしく見えたのか、皮をむき出してかぶりつく子もちらほら?いや、けっこういましたが、(笑)、心配していた雨が降る前に、あっという間に約300キロの玉ねぎを収穫できました(^^)/

画像

画像

画像


もちろんずっと集中して収穫している子だけいるわけではなく(笑)、隣のキャベツ畑のモンシロチョウを捕まえたり、用水路に草を流してキャッキャ喜んだりと様々です。そんな中、畑でいろんな虫を見つけて捕まえている子もたくさんいました。

画像

画像


今回も楽しい玉ねぎ収穫になりました。
収穫した玉ねぎは、ご家庭へのお土産に給食にクッキングにと大活躍でした。
やっちゃん先生、ありがとうございました。