恐竜博物館に行ってきま~す

こんにちは。ご無沙汰しております。
今日の保育園は台風のため雨風が強く、お部屋で過ごしました。

さて、突然ですが、ブログ再開です。
保育の日常の様子をお届けするよう気持ちだけは努めていますが、なかなか…。出来るだけ多く更新していくつもり、どうぞ温かい目で(/ω\)

『今年度が始まり、もう既に7月になり、たくさんの出来事があり、どこから載せて良いか迷いますが、おもいつくまま載せていきます。時系列はバラバラになりますが、ご了承くださいませ。m(__)m』


さてさて今日は、6月27日のさくら組(3歳児)の園外保育の記事です。
この日のさくら組さんは、保育園のバスに乗り、御船町の「恐竜博物館」に行きました。

なぜ3歳児で恐竜??と思われる方も多いことでしょう。
話せば長くなるのですが、少しだけ解説を。

さくら組さん達が昨年もも組さんだったときのことです。お散歩していると、沼の中に全長30cmほどあり、爪があり、爪の下の手のようなものの付近には、水かきのようなものを持つ、動いている生き物を発見したのです!
「恐竜だー!恐竜がいたじょー!」と目をまん丸にして大声で叫び合っている興奮状態のもも組さん達に「あれはカメとという生き物で、今はひっくり返って起き上がれずにもがいているんだよ。恐竜じゃなくてカメです。」なんて言えるでしょうか?いや言えるはずもありません!保育士も一緒になって「凄い爪の恐竜だー」と騒ぎ、その日から「今日も恐竜いるかな?」なんて、恐竜ブームになるほどでした。

長くなりましたが、そんなこともあり、恐竜を見に行きました。
「3歳児にはちょっと早いかな~、怖くないかな~」と思っていましたが、心配ご無用でした。

画像


会館の方に元気にごあいさつした後、いよいよ中に入っていきます。
恐竜の模型やアンモナイトや恐竜の爪の化石に興奮するさくら組さん達。

「あっちにもあるよー」「こっちにあるやつでっかいけん」と、次々にいろんなところを見て回っています(^ω^)


そうしているうちに、遂に恐竜の骨格標本とご対面の時が来ました。
あまりの大きさに、一瞬言葉を失うさくらさん達(笑)

しかしすぐに「ティラノサウルスだ!!」と大喜び♪
ティラノサウルスのお腹の下を潜れたり、本物の化石を実際に触れることが出来たり、動くレプリカの恐竜を見れたりと、大興奮(^◇^)
残念ながら肖像権の関係上、その様子をお伝えするのは出来ませんが、

画像

画像


この表情や眼差しでおわかりでしょう(´艸`*)
実際に博物館に来て本当によかったです!!
やっぱりこども達には、このように実際に本物に見て触れる体験が、様々な面でこども達をより豊かに育て、とても大切なことなんだな~と改めて感じました。
今後も体験を通しての活動をたくさん計画していきますね♪


さて、骨格標本のコーナーの後は、恐竜のぬり絵や事典のあるコーナーです。ここもみんな大喜び♪

画像

画像


「見て見て、さっきいたステゴサウルスだ!」「トリケラトプスはどこにのっとると!」など、かっこよく言いますと「振り返りの学習」を大声でワイワイいながらやっていました(笑)

泣く子も一人もおらず、ちょっとだけ予想外でさみしかったですが(笑)、とても充実した楽しい園外保育になりました。興奮し疲れたようで、帰りの園バスの中では…

画像


みんなぐっすりでした(*^▽^*)